TIMELINE
PRE TWP | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989 | 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000 |
2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 |
2021 |
2017

    ◎ 2月22日:ザ・ウェディング・プレゼント、英GuildfordのBoileroomでのライヴ

    ◎ 3月24日〜27日:ザ・ウェディング・プレゼント、イングランド4都市4公演。

    ◎ 4月14日〜30日:ザ・ウェディング・プレゼント、『George Best』発売30周年記念ツアー、通称“GB30ツアー”北米編。14都市14公演。

    ◎ 4月22日:ザ・ウェディング・プレゼント、毎年恒例のレコード小売店の祭典、Record Store Day限定販売商品としてスペイン・バルセロナを拠点とする新興レーベルEl Segell del Primaveraから4曲入りの12インチEP「The Home Internationals EP」発表。前年のスタジオ作『Going, Going…』にも収録されたポエト・リーディングをフィーチャーした名インスト「Wales」を軸に、新たに書き下ろした"Scotland"、詩人サイモン・アーミテージの作品"The English"の、自身によるポエト・リーディングがフィーチャーされた楽曲"England"など、いずれもインストゥルメンタルを主体とした3曲の新曲を収録。いずれも『Going, Going…』同様Andrew Schepsのエンジニアとプロデュースを務め、本作のために2012年から2014年までツアー・ギターリストを務めていたPatrick Alexanderがスポット復帰した。なお5月19日にはCD盤、ダウンロード版でも発売された。

    ◎ 5月25日〜28日:ザ・ウェディング・プレゼント2本のフェスを含むイングランド内4都市4公演。

    ◎ 5月31日/6月2日/3日:ザ・ウェディング・プレゼント スペイン・バルセロナでPrimavera Sound festivalに出演。3日間、3ステージに出演。

    ◎ 6月6日〜20日:ザ・ウェディング・プレゼント “GB30ツアー”イングランド〜アイルランド9都市9公演。

    ◎ 7月4日〜7月16日:ザ・ウェディング・プレゼント ニュージーランド〜オーストラリアツアー11都市11公演。

    ◎ 7月14日:ザ・ウェディング・プレゼント、『George Best』20周年記念ツアーからの音源『LIVE 2007』CD&DVDの2枚組でScopitonesからリリース。2007年11月23日アイルランド・ダブリンVillage公演をフルサイズで収録。

    ◎ 7月26日〜8月16日:ザ・ウェディング・プレゼント サマーフェス11本出演(イングランド4、スペイン5、ポルトガル2)

    ◎ 8月18日・19日:毎年恒例となっているディヴィッド・ゲッジ主宰の音楽フェスAt the Edge of the Seaが英ブライトンConcorde 2で開催。

    ◎ 9月22日:ザ・ウェディング・プレゼント、2008年作『El Rey』を手がけたSteve Albiniの手により2008年に同作の録音終了後のスタジオの空き時間を利用して『George Best』全編をライヴさながらに再録音、時を経て2012年作『Valentina』のミックスダウン、そして2016年作『Going, Going...』のエンジニアリングと共同プロデュースを担当したAndrew Schepsが最終的に2017年にミックスダウン。TWP史に残るエポック・メイキング作を手がけてきた二人の重要なキーパーソンでもあるエンジニアが携わることになった『George Best 30』Scopitonesからリリース。2種のアナログ・CDバンドル盤とCD盤に加え、10月25日には日本盤でもボーナストラック4曲入り仕様のCDがリリースされた。

    ◎ 9月30日:ザ・ウェディング・プレゼント マルタ・サンジュワンAria Complex公演。

    ◎ 10月6日:ザ・ウェディング・プレゼントBBC 6 MusicのMarc Rileyのプログラムへの2012年、2013年、2014年の3回の出演回からのレディオ・セッションをまとめた『Marc Riley Sessions Volume 2』Hatch Recordsからリリース。

    ◎ 10月7日:ザ・ウェディング・プレゼント 英ロンドンRough Trade East公演。

    ◎ 10月12日:ザ・ウェディング・プレゼント BBC 6 MusicのMarc Rileyの番組で通算9回目のライヴ・セッション披露。ストリング・セクションを含む特別編成で4曲を収録。

    ◎ 10月13-14日:ザ・ウェディング・プレゼントとシネラマ、英キングストン・アポン・テムズとロンドンでストリング・セクションを交えた特別公演。ザ・ウェディング・プレゼントのステージでは前年のスタジオ作『Going, Going…』を完全再現。

    ◎ 10月21日〜11月8日:ザ・ウェディング・プレゼント “GB30ツアー”欧州編。5カ国16都市16公演。

    ◎ 11月11日〜12月9日:ザ・ウェディング・プレゼント “GB30ツアー”最後の『George Best』全曲再現の機会となったイングランド6都市6公演。

    ◎ 12月1日:ザ・ウェディング・プレゼント 1992年の月刊シングル・シリーズ『The Hit Parade』最終月12月号となった「No Christmas」の再録音版を収録した2枚組オムニバスCD『Come Play』発売。同曲は前年のスタジオ作『Going, Going…』を収録したスタジオの1つでもあり、『The Hit Parade』でも使用していた英リヴァプールのParr Street Studioでのスタジオ・セッションで録音されたもの。

    ◎ 12月14日:ザ・ウェディング・プレゼント ギリシャ・アテナTemple公演

    ◎ 12月16日:ザ・ウェディング・プレゼント トルコ・イスタンブールで開催された音楽フェスMixフェスティヴァルのために出演。この公演を最後に、2016年10月からツアー・ギターリストを務めてきたMarcus Kain Murrayがステージ活動からの離脱を表明。翌年からベースのDanielle Wadeyがギターにスイッチ、ベーシストにCINERAMA〜TWPの旧バンドメイトであり、脱退後も度々スタジオ録音やセッションに参加してきたTerry de Castroが復帰することが発表された。

2017年に発表された主な音楽作品

The XX "I See You, Beck "Colors, U2 "Songs of Experience", Liam Gallagher "As You Were", Noel Gallagher's High Flying Birds "Who Built the Moon?", Slowdive "Slowdive", Ride "Weather Diaries", The Charlatans "Different Days", LCD Soundsystem "American Dream", Cloud Nothings "Life Without Sound", Lorde "Melodrama", St. Vincent "Masseduction"

←PAST FUTURE→→

TWP-CINERAMA[dbjp] is not responsible for the content of external sites.
© TWP-CINERAMA[dbjp] All rights reserved by Yoshiaki Nonaka except where noted.