TIMELINE
| PRE TWP | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989 | 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000 |
| 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 |
2021 |
2004

    ◎ 1月6日: CINERAMA BBC Radio 1 "John Peel Show"にて通算6回目となるJohn Peel Session放送(収録は2003年11月27日)。後に新生TWP名義のアルバム『Take Fountain』にて発表される事になる"Always the Quiet One", "Mars Sparkles Down on Me"など新曲3曲を含む4曲を披露。収録を担当したエンジニアが「もはやこのバンドはCineramaじゃなくWedding Presentと呼んだ方がいい感じだね」と発言したこのセッションの出来が後の改名へと至る大きな自信になった。

    ◎ 3月24日: THE WEDDING PRESENT 1989年発表の2ndアルバム『Bizarro』が約14年ぶりに日本盤化[BMG Japan BVCM-37471]

    ◎ 4月4〜17日: CINERAMA 欧州ツアー(3カ国13会場13公演)。CINERAMA名義での現時点での最後のツアーとなった。

    ◎ 4月12日: CINERAMA 初のドキュメンタリーDVD『Get Up and Go』[Scopitones TONE DVD 017]発売。

    ◎ 4月末: 米シアトルにて来るアルバムの為のレコーディングを開始。そのレコーディングに際して行われたミーティングに於いて、新作をTHE WEDDING PRESENTの名の下に制作する事に決定したが、その“改名”の事実は同年9月まで伏せられた。

    ◎ 5月4日: 新作のレコーディングを行っていたシアトルにあるFM局KEXP(90.3FM)のプログラムJohn in The Morning ShowにCINERAMAとして出演。スタジオ・ライヴが放送された(現地時間9:40頃から/日本時間5日午前1:40頃から)。1月のPeel Sessionでも演奏した"Mars Sparkles Down On Me"、4月の欧州ツアーでもセットに入っていた新曲で後にTWP名義の作品にも登場する事になる"Ringway to Seatac"、"Interstate 5"の3曲を披露。

    ◎ 6月8日: CINERAMA 米シアトルの新興レーベルGoMetric! Recordsから1500枚限定の7インチ・ヴァイナル盤"It's Not You, It's Me" [GoMetric! Records mm001]発売。純然たる新曲という訳ではなく、実際には2003年10月の"Don't Touch That Dial"以前、2002年9月の北米ツアー中に収録されていた“お蔵だし”音源でもあった。

    ◎ 7月22日: BBC Radio 1 "John Peel Show"のためのレディオ・セッションを収録。この音源は2ヶ月後にTHE WEDDING PRESENT名義で放送される事になる。

    ◎ 9月3日: 英デジタルTV局Yorkshire TVにてドキュメンタリー番組「THE WEDDING PRESENT」放映。番組内でDavid Gedgeの口からCINERAMA現行のラインナップ4人(David Gedge、Simon Cleave、Terry de Castro、Kari Paavola)のままでTHE WEDDING PRESENTとして活動していく事が明らかにされる。

    ◎ 9月21日: 新生THE WEDDING PRESENTとしての公式活動第1弾となる John Peel SessionがBBC Radio 1 "John Peel Show"にて放送(収録は2004年8月)。THE WEDDING PRESENT名義のJohn Peel Sessionは1995年12月以来、実に8年9ヶ月ぶり通算12回目。

    ◎ 10月25日: デビュー当時からTHE WEDDING PRESENTを高く評価し、David Gedgeとも個人的に親しかったDJ、John Peelが休暇で滞在していたペルーで心臓発作の為逝去。享年65歳。

    ◎ 11月8日 15日: 新生THE WEDDING PRESENT第1弾シングル"Interstate 5" [Scopitones TONE CD 018]発売。後期CINERAMAのツアーやレディオ・セッションでも披露されていた1曲。このバンドの名義では1997年1月のシングル"Montreal"から数える事7年10ヶ月ぶりとなる通算30枚目にあたるが、同じSteve Fiskプロデュースで後期CINERAMAと同じ4人で制作されている事を考え合わせれば2003年10月の"Don't Touch That Dial"以来となる新曲でもある。

    ◎ 12月6日/8日: David GedgeとSimon Cleaveがドイツの音楽誌INTRO主催のコンサートでアクースティック・パフォーマンス(6日ベルリン Maria am Ostbahnhof 、8日ケルンGebaude 9)。

    ◎ 12月16日: BBC Radio 1 "Keeping It Peel - John Peel Night"に新生THE WEDDING PRESENTが出演。"Dare", "The Queen of Outer Space", "What Have I Said Now?"の3曲をライヴで披露。


2004年に発表された主な音楽作品

Franz Ferdinand "Franz Ferdinand", Keane "Hopes & Fears", Magnetic Fields "I", Wilco "A Ghost Is Born", Modest Mouse "Good News for People Who Love Bad News ", Beastie Boys "To the 5 Boroughs", Sonic Youth "Sonic Nurse", The Cure "The Cure", Bjork "Medulla", Paul Weller "Studio 150", Trashcan Sinatras "Weightlifting", Guided by Voices "Half Smiles of the Decomposed", Ryan Adams "Love is Hell", The Delgados "Universal Audio", Morrissey "You Are the Quarry", Luna "Rendezvous", Manic Street Preachers "Lifeblood", Elliot Smith "From a Basement on the Hill"

←PAST FUTURE→

TWP-CINERAMA[dbjp] is not responsible for the content of external sites.
© TWP-CINERAMA[dbjp] All rights reserved by Yoshiaki Nonaka except where noted.