TIMELINE
| PRE TWP | 1985 | 1986 | 1987 | 1988 | 1989 | 1990 | 1991 | 1992 | 1993 | 1994 | 1995 | 1996 | 1997 | 1998 | 1999 | 2000 |
| 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 |
2021 |
2002

    ◎ 1月9日: CINERAMA、BBC Radio 1 "John Peel Show"にてMeida Valeスタジオからのライヴ放送。

    ◎ 5月: CINERAMA 通信販売とライヴ会場限定でライブCD『LIVE IN LOS ANGELES』 [Scopitones TONE CD 009]を発売。内容は2000年11月5日、ハリウッドのThe Knitting Factoryで収録したもの。

    ◎ 5月17/18日: CINERAMAスペイン・バルセロナで開催された音楽フェス「PRIMAVERA SOUND 2002」へ出演(18日に登場)。ヘッドライナーはPULP、Spiritualized、Echo & The Bunnymen、J Mascisなど。

    ◎ 6月3日: CINERAMA アルバムに先がけシングル"QUICK, BEFORE IT MELTS" [Scopitones TONE CD 010]を発売。

    ◎ 7月1日: CINERAMA 3rd Album 『TORINO』 [ScopitonesTONE CD 011]発売(アメリカではManifestoより2日発売)。

    ◎ 7月3日〜13日: CINERAMA 英国ツアー(9会場9公演)。これがSally Murrell最後のツアーとなった。

    ◎ 9月2日: CINERAMAシングル "Careless"発売[Scopitones TONE CD 012]。

    ◎ 9月5日〜8日: CINERAMA 北アイルランド初お目見えとなるBelfastのショーとアイルランド内3箇所を巡るショートツアー。このツアーからSally Murrell抜きでキーボードレスの4ピース編成でのライヴが続く。なお9月5日、Belfastの"The Empire"でのライヴは後に通販とライヴ会場限定販売のCD『Live in Belfast』[Scopitones TONE CD 015]で音源化。

    ◎ 9月19日: CINERAMABBCのデジタル・ラジオ・チャンネル6 Musicの番組Evening Sequence(毎週月〜木曜日夜7:00〜10:00)でMeida Valeからのライヴを2曲放送。同日収録の4曲も同番組の9/23〜26の放送内で紹介された。

    ◎ 9月23日: CINERAMAコンピレーション第2弾 『CINERAMA HOLIDAY』発売[Scopitones TONE CD 013]。

    ◎ 9月26日〜10月26日: CINERAMA 北米ツアー。サン・ディエゴを皮切りにスタート、全23公演を数えるCINERAMA史上最大規模のツアーとなった。

    ◎ 10月28日: CINERAMA ハリウッドAmoeba Recordsでのインストア・ライヴ。


2002年に発表された主な音楽作品

The Chemical Brothers "Come With Us", Doves "The Last Broadcast", Sonic Youth "Murray Street", Wilco "Yankee Hotel Foxtrot", The White Stripes "White Blood Cells", DJ Shadow "The Private Press", ...And You Will Know Us By The Trail Of Dead "Source Tags & Codes" ,Coldplay "A Rush Of Blood To The Head", Underworld "A Hundred Days Off", Sigur Ros "( )", Beth Gibbons & Rustin Man "Out of Season"

←PAST FUTURE→

TWP-CINERAMA[dbjp] is not responsible for the content of external sites.
© TWP-CINERAMA[dbjp] All rights reserved by Yoshiaki Nonaka except where noted.