THE WEDDING PRESENT
various artists >> | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 || studio albums | comp. | single/EPs | sessions | live | dvds | TOP |
Not From Where I'm Standing

Amazon.co.jp アソシエイト
Come Play

FORMAT: various artists 2LP
RELEASE DATE:4th December, 2020
LABEL: Come Play With Me (U.K.)
CATALOGUE No.:
double vinyl LP&CD- CPWM204LP
CD- CPWM204CD

TRACK LISTING:
Side A
1. James Bond Theme - The Sleazoids
2. You Only Live Twice - The Wedding Present
3. Goldfinger - Simone White
4. Goldeneye - Follow The Moths
5. The Man With The Golden Gun - Jetstream Pony

Side B
1. Live And Let Die - The Donalds
2. The World Is Not Enough - Maria Scaroni
3. Diamonds Are Forever - Cinerama
4. Tomorrow Never Dies - Danielle Wadey & Charles Layton
5. All Time High - Minitel

Side C
1. Nobody Does It Better - Samuel Beer-Pearce
2. For Your Eyes Only - Klee
3. Thunderball - The Legendary Len Liggins
4. Mr Kiss Kiss Bang Bang - Sleeper featuring David Lewis Gedge
5. From Russia With Love - Graeme Ramsay

Side D
1. View To A Kill - Terry de Castro
2. Die Another Day - The Ukrainians
3. Skyfall - Such Small Hands
4. On Her Majesty's Secret Service - Shaun Charman
5. We Have All The Time In The World - David Lewis Gedge
【解説】
 2020年12月にThe Wedding Present & Friends名義で発表されたヴァイナル盤では2枚組となるチャリティー・オムニバス盤。タイトルは1988年のシングル「Why Are You Being So Reasonable Now?」のカップリング曲に由来しているが、内容は007映画の主題歌、挿入曲のカヴァーを集めたもの。過去にTWP/CINERAMA名義でカヴァーした既発曲、本作に先行してRecord Store Day向けのカタログとしても発表されたSleeper featuring David Lewis Gedge名義の「Mr. Kiss Kiss Bang Bang」をはじめ、参加したのは過去と現在のメンバーたちのバンドやユニット、共演アーティストも多数。TWP創設メンバーのShaun CharmanやPeter Solowka(The Ukrainians)、2代目ドラマーのSimon Smith、The Hit Parade〜Watusi期のギターリストPaul Dorrington、近年のバンドメンバーだったGraeme Ramsay、Samuel Beer-Pearce、Charles Layton、Danielle Wadey、長年の盟友Terry de Castroや現在のバンドメンバーMelanie Howardの素晴らしいソロ・ユニットSuch Small Hands、過去の楽曲にフィーチャーされてきたSSWのSimone Whiteやドイツのエレクトロ・ユニットKlee、そしてもちろんDavid Lewis Gedgeのソロなどなど総勢20組が参加。TWP名義の"You Only Live Twice"(原曲はNancy Sinatra、1967年公開の日本を舞台にしたシリーズ第5作目『007は二度死ぬ』の主題歌)は元々BBC 6 MusicのMark Rileyの番組で2015年5月11日放送回で披露されたもの(そのレディオ・セッションテイクは『Marc Riley Session Volume3』に収録)。今回2016年作『Going, Going...』のレコーディング・セッション時に録られたスタジオ・レコーディング版を提供している。先のレディオ・セッション同様、Davidのジョン・バリー楽曲への敬愛ぶりが伝わる素晴らしい出来だが、ただこの作品に限って言えば聞き所は他の参加メンバーのカヴァーに譲らざるを得ないだろう。特にMVPと呼びたいのはDuran Duranの手がけた楽曲"View To A Kill"を完全に自分の色に染め上げたSide D-1、そしてShirley Basseyが歌った名曲Side-A-3"Goldfinger"では友人のSimone Whiteをバックトラックで完全にバックアップしたTerry de Castroだろう。この2曲だけでもこのオムニバス盤は所有しておく十分な価値がある。なお、本作は英ロンドンを拠点とする生活困窮者のための慈善団体Campaign Against Living Miserably(CALM)のチャリティー作品として販売された。
| top |