THE WEDDING PRESENT (2004-NOW)    - DISCOGRAPHY -
studio albums >> | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || single/EPs | comp. | sessions | live | dvds | TOP |
Locked Down & Stripped Back Volume Two Locked Down And Stripped Back Volume Two

FORMAT: LP
RELEASE DATE:
1st July, 2022 (U.K./Europe/U.S.)
LABEL / CATALOGUE No:
Scopitones (U.K./Europe) - TONE 093 (Pink Clear Vinyl LP&CD/Limited Edition) / TONE 093B (Black LP&CD) / TONE 093 CD (CD)
Happy Happy Birthday To Me Records (U.S./Canada) - HHBTM 221 (LP w/ download code)

Tracklisting:
  1. Brassneck
  2. No
  3. Careless
  4. Nobody's Twisting Your Arm
  5. What Have I Said Now?
  6. Perfect Blue
  7. Everyone Thinks He Looks Daft
  8. That Would Only Happen In A Movie
  9. At The Edge Of The Sea
  10. Blue Eyes
  11. Dare
  12. Octopussy
PERSONNEL:
David Gedge : Vocals, Guitars and Keyboards
Jon Stewart: Guitars
Terry De Castro: Guitars and Backing Vocals
Melanie Howard : Bass, Vocals, Guitars and Keyboards
Chris Hardwick : Drums
Nicholas V. Wellauer : Tambourines
Peter Solowka : Accordion on "Nobody's Twisting Your Arm"
Amelia Flether : Vocals on "Nobody's Twisting Your Arm"
Paul Dorrington : Guitars on "Blue Eyes"
【解説】
 好評だった2020年のコロナ禍におけるヴァーチャル(リモート)・セッション・シリーズ『Locked Down And Stripped Back』の続編。2021年に入っても英国内のコロナ禍の影響が続き、毎夏地元ブライトンで開催していたフェスティヴァル"At the Edge of the Sea"はまたもや延期となり、オンライン版のフェス"Still At The Edge Of The Sofa"として2年連続の開催となったが、そのイベント内で「Locked Down And Stripped Back」シリーズの新作全12曲が配信。その楽曲の音源版となるのが本作となる。
 基本的なコンセプトは前作と同様。過去のTWP/CINERAMA楽曲(1曲の新曲を除く)をセミ・アクースティック編成でリアレンジしたものを、各メンバーや過去の在籍メンバーたちそれぞれの自宅で収録した映像、録音をミックスしたものだが、今回は何と言っても"Nobody's Twisting Your Arm"が最大のハイライトと言っていい。オリジナル・メンバーの初代ギターリストPeter Solowkaがスタジオ版同様のアコーディオン、そしてサイド・ヴォーカルには前年に引き続き自身のユニット、The Catenary Wiresでも参加していたAmelia Fletherをフィーチャーしており、今回のリメイクではAmeliaにヴォーカル・パートが大幅に割り振られ、Davidと2人のデュエットとして再演。久々に聴けた間奏に入る前のDavidの台詞"Take it away, Grapper!"も含め、原曲を愛するファンとしてはどうしたって溢れ出て来る涙を堪えきれない至高の名演となった。他にもMelanie Howardがリード・ヴォーカルを取って原曲のイメージが刷新された初期シングルB面曲"At The Edge Of The Sea"、当時の新曲"That Would Only Happen In A Movie"など、前作同様の聴き所満載の1作となった。なお、第1弾のジャケット・デザインは度々同セッションの映像でも登場していたDavid Gedgeの愛犬Dorisだったが、今回の第2弾はベースのMelanie Howardと暮らしている猫Senがモチーフとなっている。
<<--- previous release "Once Bitten / Kerplunk!" (2022) next release "We Interrupt Our Programme / Telemark"(2022)--->>
| top |