THE WEDDING PRESENT
solo works >> | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || studio albums | comp. | single/EPs | sessions | live | dvds | TOP |
xx!!(Kiss Kiss Bang Bang) - a tribute to the James Bond themes of Dame Shirley Bassey

xx!!(Kiss Kiss Bang Bang) - a tribute to the James Bond themes of Dame Shirley Bassey

FORMAT: various artists double 7" vinyl
RELEASE DATE:29th August, 2020 *Record Store Day : Drop 1
LABEL: Where It’s At Is Where You Are Records (U.K.)
CATALOGUE No.:
double 7" vinyl- WIA020001

TRACK LISTING:
DISC 1:
Side A - Sleeper featuring David Gedge - Mr. Kiss Kiss Bang Bang
Side B - The Left Outsides - Diamonds Are Forever

DISC 2:
Side A - Darren Hayman - Goldfinger
Side B - DJ Downfall featuring Theoretical Girl - Moonraker
【解説】
 コロナ禍の影響により4月開催が延期され、3回に分けて開催されることになった2020年のRecord Store Dayの第1弾の開催回で販売されたカタログ。発売元は一昨年にザ・ウェディング・プレゼントとシネラマのカップリングという形で限定7インチ盤"White Riot / The Name Of The Game"をリリースした英ロンドンのWhere It's At is Where You Are Recordsで、タイトル通り、Shirley Basseyが歌ったボンド・ムーヴィーの楽曲を4アーティストがカヴァーした2枚組のオムニバス・7インチ盤(ちなみにクリアーのレッドとブルーのヴァイナル盤)。David Gedgeが敬愛するJohn Barryが手がけた007映画のテーマ曲3回目のカヴァーとなったが、今回の名義はSleeper featuring David Gedge!2019年末からSleeperと掛け持ちする形で新たなギターリストにJon Stewartを迎えており、ステージでもSleeperの未発表曲を演奏したり、交流が盛んになってきた中でレコーディングされた1曲ということになる。
 カヴァーしたのは1965年公開の『サンダーボール作戦』の元々の主題歌として予定されていた"Mr. Kiss Kiss Bang Bang"(実際の主題歌はTom Jonesによる"Thunderball")。シネラマ 1998年7月発表のデビュー・シングル"Kerry Kerry"のカップリングとして自作の同名異曲を発表していたが、いよいよそのタイトルの由来となった本家の楽曲を歌うことになった(ちなみに『サンダーボール作戦』と言えばそのシネラマの2ndスタジオ作『Disco Volante』のタイトルの由来となったラルゴの所有する水中翼船が登場する作品でもある)。その名義からしてSleeper寄りのアレンジではあるが、ソリッドなギター・ロックに仕立て直されていて。SleeperのLouiseとのデュエットもばっちりハマっている快心の1曲。なお、この曲はDavid Gedgeがキュレーションを行なった2020年12月リリースの007映画のテーマ曲、挿入曲を、TWP/CINERAMA関連のメンバー、アーティストたちがカヴァーした『Not From Where I'm Standing』にも収録。
| top |