THE WEDDING PRESENT
studio albums >> | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || single/EPs | comp. | sessions | live | dvds | TOP |
EL REY

Vibrant
VIBCD01

Amazon.co.jp アソシエイト

El Rey

FORMAT: LP
RELEASE DATE: May 20th, 2008 (U.S./Canada),
May 26th, 2008 (Rest of the World),
November 16th, 2009 (Scopitones' reissue)
LABEL / CATALOGUE No:
Vibrant (Rest of the World) / VIBCD01 (CD), VIBLP01 (VINYL)
Manifesto (U.S.&Canada) / MFO43904 (CD)
Scopitones (U.K./reissue)/ TONE CD 029 (CD)


Tracklisting/Writing credit:
  1. Spider-man On Hollywood (McConville/Gedge)
  2. I Lost The Monkey (Gedge/Cleave)
  3. Soup (Ramsay/Gedge)
  4. Palisades (de Castro/Gedge)
  5. The Trouble With Men (Ramsay/Gedge)
  6. Model, Actress, Whatever... (de Castro/Gedge)
  7. Don't Take Me Home Until I'm Drunk (McConville/Gedge)
  8. The Thing I Like Best About Him Is His Girlfriend [Santa Monica And La Brea Version] (de Castro/Gedge)
  9. Boo Boo (de Castro/Gedge)
  10. Swingers (Gedge/Cleave)
  11. Back for Good  *iTunes Store exclusive bonus track (Barlow)
PERSONNEL:
David Gedge : Singing, Guitar and Percusion
Christopher McConville: Guitar
Terry de Castro : Bass and Vocals
Graeme Ramsay : Drums and Percussion

【解説】
 スタジオ・アルバムとしては通算8作目となる本作は後期シネラマからの改名後初のアルバムとなった『TAKE FOUNTAIN』から約3年3ヶ月ぶりとなる2008年5月リリース。イギリスとヨーロッパ、その他の国では新興のインディーズ・レーベルVibrantからの発売だったが、その後同レーベルが消滅したため。1年後に自身のレーベルScopitonesから再リリースされている。2008年1月にシカゴのElectrical Audioスタジオでスティーヴ・アルビニをエンジニアに迎えて制作され、TWP名義の作品では1991年の『SEAMONSTERS』以来となる再タッグとなった。内容詳細については以前の特集ページを参考いただきたい
【関連文章】
『El Rey』特集/解説 (当サイト2008/5/7初出)
<<--- previous release "The Thing..."next release "How the West Was Won"--->>
| top |