THE WEDDING PRESENT
solo works >> | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || studio albums | comp. | single/EPs | sessions | live | dvds | TOP |
England (The Time Has Come)
XFM7001
England (The Time Has Come)
/ X-tra Time feat.The Broken Metatarsals


FORMAT: download single & limited press 7" vinyl
RELEASE DATE:19th June, 2006
LABEL: XTRA TIME RECORDINGS (U.K.)
Catalogue No.:
7"vinyl (500copies limited) - XFM7001

TRACK LISTING:
  1. England (The Time Has Come)
PERSONNEL:
The X-tra time band:
Matt Everitt : Drums
Paul Banks : Bass
Shaun Keaveny : Guitar and Vocals
Martin Ormrod : Additional Guitars & backing Vocals
David Gedge : himself
【解説】
 ロンドンのFM局XFMが企画したワールドカップ・ソング。同局のDJ Shaun Keavenyをリード・ヴォーカルにフィーチャーしたこの曲にデイヴィッド・ゲッジがギターで参加。7digital.comのダウンロード販売の他、500枚限定生産の7インチ・カラー・ヴァイナル盤(ちなみに両面とも同じテイクが収録)がrecordstore.co.ukのみで販売されていた。イントロから数秒でそれと分かるリズム・ギター("David Gedge : himself"のクレジットそのもの!)が聞こえてくる以外、特に面白みがある曲でもないので、よほどのコンプリリストで無ければ手を出す必要はないだろう。なお、収益金はホームレスのチャリティー団体Shelterに寄付される。
| top |