TWP-CINERAMA:All about The Wedding Present & CINERAMA|ザ・ウェディング・プレゼント & シネラマ 日本語サイト
NEWS | ABOUT & FAQ | DISCOGRAPHY > TWP (I) > CINERAMA > TWP (II) | BIOGRAPHY | TIMELINE | FAMILY TREE |
A to Z | BBC SESSIONS | U.S. RADIO SESSIONS | COVERS | D.L.G | INTERVIEWS | LINKS > iTunes > YouTube | MAIL | SHOP |
   DISCOGRAPHY [INDEX]

※種類記号の見方
SG=シングル/EP  AL=スタジオ・アルバム  CP=コンピレーション
BBC=BBCセッション  LV=ライヴ・アルバム  V=ヴィデオ・ソフト  DVD=DVDソフト
THE WEDDING PRESENT (I) [1985〜1997]   さらに詳しいディスコグラフィーはこちら
発売年 種類 タイトル レーベル 説明 備考
19855 SG Go Out & Get'em Boy! Reception デビュー・シングル 500枚限定
8 SG City Slang 再発/1,000枚限定
19861 SG Once More Reception 2ndシングル 3,500枚限定
3 SG Don't Try And Stop Me Mother Reception 品切れになった1st/2ndシングル全4曲をまとめた初の12インチ・シングル  
7 SG You Should Always Keep In Touch With Your Friends / This Boy Can Wait Reception 両A面のサード・シングル。"You Should〜"と12インチ盤カップリングの"Living and Learning"は2014年10月の欧州Edselからの『Tommy』4枚組エクスパンディッド・エディションで発売後26年目にして初CD化。 7インチ初回600枚はミスプレス盤が出回る
10 BBC The Peel Session EP Strange Fruits 1986年2月26日にBBC Radio1 "John Peel Show"で放送された、彼らにとって初となるJohn Peel Sessonからの4曲がシリーズものの一環としてEP化。初期ライヴにおいてアンコール時の定番だったOrange Juiceのカヴァー"Felicity"がここで初音源化。このEP収録曲は"This Boy Can Wait"を除き88年の編集盤『Tommy』に収録。  
19872 SG My Favorite Dress Reception 4thシングル。初期の代表曲になる。 7インチ初回3,000枚はホワイト・ヴァイナル
7 SG Anyone Can Make A Mistake Reception デビュー・アルバム『George Best』からの先行シングルとなった5thシングル。  
10 AL George Best Reception 記念すべきデビュー・アルバム。ステージでの定番となるナンバーを多数収録。 アナログ初回盤3,000枚には同年のシングル"My Favorite Dress"が付属
19882 SG Nobody's Twisting Your Arm Reception 6thシングル。初代ドラマーShaun Charman在籍時最後のシングル。 7インチ盤の初回プレス8,000枚は見開きスリーヴ
7 CP Tommy Reception 1st〜4thシングルと初期のBBCセッションから編纂された初のコンピレーション。 アナログ初回盤10,000枚にはポスター封入、うち1,000枚のジャケットにはメンバーの直筆サイン入り
9 SG Why Are You Being So Reasonable Now? Reception 7thシングル。2代目ドラマーSimon Smith加入後初のシングル。自主レーベルReceptionからのラスト・リリースとなった。フランス語詞版"Pourquoi Est Tu Devenue Si Raisonable?"の7インチ盤も同時発売。  
11 BBC Radio 1 Sessions: The Evening Show EP Strange Fruits 1986年5月15日にBBC Radio1 "Janice Long Show"で放送されたレディオ・セッション音源がシリーズものの一環としてEP化。同郷の先輩バンドGang of Fourの超絶カヴァー"I Found That Essence Rare"がここで初音源化。  
19894 BBC Ukrainski Vistupi V Johna Peela RCA メジャーのRCA移籍第1弾リリースとなった企画アルバム。BBC Radio 1 "John Peel Show"の中で披露された通称“ウクレイニアン・フォーク・セッション”をまとめたもの。  
10 SG Kennedy RCA 2ndアルバム『Bizarro』からの先行シングル。初のTop40ヒットになった名曲。  
10 AL Bizarro RCA RCA移籍後初のフル・アルバムとなった2作目。初期からのギター・ロック・サウンドの集大成。バンドの黄金時代がここから始まる。  
19902 SG Brassneck RCA Bizarro』のオープニングを飾ったナンバーが再録音されてシングル・カット。翌年の『Seamonsters』へと繋がるSteve Albiniとの初仕事。 7インチ盤初回3,000枚は手書きスリーブ
9 SG 3 Songs EP RCA 通算10枚目となる名作EP。Steve Albiniの地元シカゴでの録音。ジャケットがデザイン違いの10インチ盤には"Take Me!"のライヴテイクを収録。  
9 V *(S)Punk BMG 初のヴィデオ・ソフト。PVと1990年夏地元リーズでのライヴで構成。  
19914 SG Dalliance RCA Seamonsters』からの先行シングルとなった通算11枚目。 10インチ盤はロット番号入り10,000枚の限定プレス
5 AL Seamonsters RCA スタジオ・アルバムとしては通算3作目は後世に語り継がれるべき大傑作。Steve Albini録音。初代ギターリストPeter Solowka在籍時最後の作品となった。  
7 SG Lovenest RCA Seamonsters』からのシングル・カット。  
19921 SG Blue Eyes RCA 月刊シングル・シリーズ『The Hit Parade』の第1弾。ここから3枚はChris Nagleプロデュース。 7インチ盤のみの発売/限定15,000枚
2 SG Go-Go Dancer RCA The Hit Parade』シリーズ第2弾。
3 SG Three RCA The Hit Parade』シリーズ第3弾。
4 SG Silver Shorts RCA The Hit Parade』シリーズ第4弾。ここから3枚はIan Broudieプロデュース。
5 SG Come Play With Me RCA The Hit Parade』シリーズ第5弾。この曲が今日に至るまで最初で最後のTOP 10ヒットとなっている。
6 SG California RCA The Hit Parade』シリーズ第6弾。
6 CP Hit Parade 1 RCA The Hit Parade』シリーズ最初の6枚全曲をまとめたコンピレーション。  
7 SG Flying Saucer RCA The Hit Parade』シリーズ第7弾。巨匠Jimmy Millerプロデュース。諸事情でこの7インチ盤収録のオリジナルEDITは公式盤では未CD化。
8 SG Boing! RCA The Hit Parade』シリーズ第8弾。Jimmy Millerプロデュース。2014年10月の欧州Edselからの『The Hit Parade』4枚組エクスパンディッド・エディションで発売後22年目にして公式盤初CD化。
9 SG Loveslave RCA The Hit Parade』シリーズ第9弾。ここから4枚はBrian Paulsonプロデュース。
10 SG Sticky RCA The Hit Parade』シリーズ第10弾。
11 SG The Queen Of Outer Space RCA The Hit Parade』シリーズ第11弾。
12 SG No Christmas RCA The Hit Parade』シリーズラストを締めくくった第12弾。本シリーズ12曲全てがTOP 30入りを果たし、Elvis Presleyが1957年に打ち立てた年間チャートイン曲数の最高記録に35年ぶりに並ぶ大記録となった。
19931 CP Hit Parade 2 RCA The Hit Parade』シリーズ後半6枚全曲(ただし"Flying Saucer"は編集版、"Boing!"は再録音テイクに差し替え)をまとめたコンピレーション。初回30,000枚のプレスには全A面曲のBBCセッション音源を収めたボーナスディスクが付属。RCAからのラストリリースとなった。  
1 V Dick York's Wardrobe BMG Hit Parade 2』と同時発売された『The Hit Parade』シリーズ全曲のPV集。  
6 BBC John Peel Sessions 1987-1990 Strange Fruits BBC Radio 1 "John Peel Show"で行われた1987年、88年、90年3回のセッションから収録された編集盤。  
19949 SG Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Island Islandレーベル移籍第1弾リリースとなった通算25枚目のシングル。カップリングの異なるCD2種で発売。  
9 AL Watusi Island Islandレーベルに残した唯一のアルバム。CINERAMAモードの発露と呼べそうなポップなアプローチが物議を醸す。プロデュースを担当したシアトルのSteve Fiskは10年後に新生TWPの『TAKE FOUNTAIN』も手がける。  
11 SG It's A Gas Island Watusi』からのシングルカットで、シングル化に際しIan Broudieの元で再録音された。翌年Islandとの契約が打ち切りになり、結果的にこれが同レーベルからの最後の作品に。 7インチ盤はナンバリング入りの限定版、12インチ盤はパープルのカラー・ヴァイナル。
19954 SG Sucker -- 1995年唯一のリリースとなった自主制作の7インチ盤。のちにアメリカではMergeから、スペインでSiestaからも発売された。 U.K.盤は3,000枚限定
19961 AL Mini Cooking Vinyl Cooking Vinyl移籍第1弾リリースとなった6曲入りミニ・アルバム。初回盤は前年のシングル"Sucker"などが追加収録された『Mini Plus』として発売された。 アナログ盤は10インチ/通常の6曲入りで3,000枚限定プレス
8 SG 2, 3, Go Cooking Vinyl アルバム『Saturnalia』からの先行シングル。のちにCINERAMAに途中合流し、新生TWPでも活躍するギターリストSimon Cleave加入後初のカタログ。  
9 AL Saturnalia Cooking Vinyl フル・アルバムとしては通算5作目。後期の集大成であると同時に、CINERAMA以降も予感させる趣のある1作。  
19971 SG Montreal Cooking Vinyl Saturnalia』からシングル・カットされた名曲。通算17回目のTOP 40ヒット。CDとカップリングの異なる7インチ盤2種で発売。  
6 BBC Evening Sessions 1986-1994 Strange Fruits BBC Radio 1の様々な番組で行われたレディオ・セッションを集めた編集盤。1986年、92年、94年3回のセッションから収録。  
19984 BBC John Peel Sessions 1992-1995 Cooking Vinyl BBC Radio 1 "John Peel Show"で行われた1992年、94年、95年3回のセッションから収録された編集盤。  
19993 CP Singles 1989-1991 Manifesto 北米で英RCA時代のカタログを再発しているManifestoが編纂した2枚組編集盤。ここで陽の目を見たSteve Albini録音の"Crushed"など、度肝を抜かれる未発表/レア音源を多数収録。  
9 CP Singles 1995-'97 Cooking Vinyl Cooking Vinyl在籍時にリリースしたシングルを中心としたコンピレーション。  
20009 BBC Ukrainan John Peel Sessions Fresh Ear 長らく廃盤状態にあった1989年4月発表の企画盤ミニ・アルバム『Ukrainski Vistupi V Johna Peela』の拡張再発盤。未発表のままだった2回のセッションからの4曲も収録した“ウクレイニアン・フォーク・セッション”全曲集。  
20032 CP The Hit Parade Camden Deluxe 1992年の月刊シングル・シリーズ全12枚24曲(ただし"Flying Saucer"は編集版、"Boing!"は再録音テイクのまま)を収めた新装リマスター編集盤。  
20073 BBC The Complete Peel Sessions 1986-2004 Sanctuary Records 過去21年間に行われたBBC Radio 1のプログラム「John Peel Show」のためのレディオ・セッション、通称John Peel Sessionと同番組で中継されたライヴ音源を集めた6枚組のボックス・セット。収録曲全91曲中、半数以上の48曲が初CD化という圧倒的なヴォリューム。  
10 LV LIVE 1987 Scopitones 初期にライヴ会場と通信販売のみで入手可能だった公式ブートレグ・ライヴ・カセット・シリーズの第一巻と第二巻が初CD化。デビュー・アルバム『George Best』発売前後のライヴが聞ける。同作の発売20周年記念ツアーに合わせてリリース。  
12 CP Ye Ye (The Best of the RCA Years) Sony-Bmg 英RCA期の『Bizarro』、『Seamonsters』、『The Hit Parade』シリーズから選曲された廉価版ベスト・アルバム。  
20103 LV Live 1988 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第2弾となる2枚組CD。黄金時代のTWPを支えた名ドラマーSimon Smithを迎えたばかりだった1988年のTWPならではの、圧倒的なスピード感が味わえる逸品。  
10 LV Live 1989 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第3弾となる2枚組CD。『Bizarro』発売年の1989年のライヴ音源で、ウクレイニアン・フォーク・セットだけで構成された特別なライヴを記録したDisc 1と、『Bizarro』発売後2か月後のライヴを収録したDisc 2と対照的な2つのライヴを収録。  
20121 LV Live 1990 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第4弾となる2枚組CD。デビュー5年目にして実現した初の北米ツアー初日の模様を収めた第7巻と11月のロンドン・キルバーン公演を収めた第8巻をCD化。いずれも『Seamonsters』に関連する当時の新曲の初期アレンジが聴きもの。  
11 LV Live 1991 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第5弾となる2枚組CD。『Seamonsters』発売年の、ヴォルテージ漲るステージの記録。翌年の『The Hit Parade』シリーズで発表される当時の新曲も演奏されている。  
20139 LV Live 1992 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第6弾となる2枚組CD。月刊シングル・シリーズ『The Hit Parade』展開時の1992年の唯一のライヴ・カセットだったオランダDen Haag公演の第9巻をDisc 1でCD化。Disc 2では当時未発表だった英ブリクストン・アカデミー公演を初収録。  
201410 BOX 1987-1996 Complete Collection Edsel/Demon Music 1987年のデビュー・アルバム『George Best』から1996年の『Saturnalia』まで、スタジオ・アルバム6作品と『Tommy』新規編集の『The Hit Parade』のコンピレーション2作を含む全8タイトルが、それぞれCD3枚とDVD1枚の4枚組エクスパンディッド・エディションで一挙再発。『George Best』『Tommy』『Mini』『Saturnalia』の4タイトルは同年12月に重量ヴァイナル盤でも再発。  
20163 LV Live 1993 Scopitones オフィシャル・ライヴ・カセットのCD化シリーズ第7弾となる2枚組CD。1993年唯一のカセットとなった10月28日、英ウィンザーOld Trout公演を収録した第12巻の初CD化に加え、そのカセットシリーズでも未発表の、完全初登場となる音源を収録。TWPデビュー8年目にして遂に実現した初のジャパン・ツアーから、そのツアーの最終日でもあった1993年3月18日東京・渋谷On Air公演の2日目が全編CD化され初CD化。  
CINERAMA [1998〜2004/2013〜NOW]   さらに詳しいディスコグラフィーはこちら
発売年 種類 タイトル レーベル 説明 備考
19987 SG Kerry Kerry Cooking Vinyl David Gedgeのソロ・プロジェクトとしてスタートしたCINERAMAデビュー・シングル。CDとカップリングの異なる7インチ盤2種で発売。  
7 AL Va Va Voom Cooking Vinyl CINERAMAデビュー・アルバム。David Gedgeの類い希なソングライティングとアレンジメントの才能が洗練されたポップなサウンドの上で花開いた名品。  
11 SG Dance, Girl, Dance Cooking Vinyl アルバム『Va Va Voom』からのシングル・カット。  
19998 SG Pacific / King's Cross Elefant Records 1999年唯一のリリースとなった両A面7インチ・ヴァイナル盤。スペインのElefant Recordsからの発売。  
20002 SG Manhattan Scopitones 現在まで続く自主レーベルScopitones設立第1弾リリースとなったシングル。Simon CleaveとDavid Gedgeのソングライター・チームはここから正式なスタートを切る。  
6 SG Wow Scopitones Scopitones第2弾リリース。David Gedgeにとって約9年ぶりとなるSteve Albiniとの共同作業が実現。  
8 SG Lollobrigida Scopitones 2ndアルバム『Disco Volante』からの先行シングル。それまでのTWPにもスタート時のCINERAMAにも無かった新境地を開拓した傑作。  
9 AL Disco Volante Scopitones シカゴでSteve Albini、ロンドンでCINERAMAスタート時から参画していたDare Masonと共に制作された2ndアルバム。固定したメンバー5人による新たなロック・バンドCINERAMAとしての方向性を確実なものにした渾身の力作。  
10 CP This Is Cinerama Cooking Vinyl Cooking Vinylからの全シングルに加え、Pacific / King's Cross、ScopitonesからのManhattanも収録したCINERAMA初の編集盤。  
11 SG Your Charms Scopitones Disco Volante』からのシングル・カット。2000年だけで4枚のシングルが発売された事になる。  
20014 BBC John Peel Sessions Scopitones CINERAMAデビュー時から3回のセッションとスタジオ・ライヴから編纂されたCINERAMA初のPeel Session集。  
4 SG Superman Scopitones Disco Volante』からの実に4枚目となるシングル。翌年の3rdアルバム『Torino』への布石となる重要曲"Starry Eyed"が初登場したのもこのシングル。  
10 SG Health & Efficiency Scopitones 翌年の3rdアルバム『Torino』にも収録される事になる6分もの大曲。  
20025 LV Live In Los Angeles Scopitones 通信販売とライヴ会場限定で発売された初のライヴ・アルバム。2000年11月のハリウッドでのライヴから収録。  
6 SG Quick, Before It Melts Scopitones 3rdアルバム『Torino』からの先行シングル。  
7 AL Torino Scopitones CINERAMA名義3作目のスタジオ・アルバム。『Disco Volante』とほぼ同じ制作布陣ながら、より逞しくドライヴするギター・ロック・サウンドが特色的な傑作となった。  
9 SG Careless Scopitones Torino』のギター・ロック・サイドを代表する楽曲がシングルカット。CINERAMAでは初めてPVが制作された。  
9 CP Cinerama Holiday Scopitones CINERAMA第2弾コンピレーション。『Disco Volante』から派生した4枚のシングル全て収録。  
20034 BBC John Peel Sessions : Season 2 Scopitones CINERAMAのJohn Peel Session集第2弾。 2000〜01年に収録されたBBC Radio 1「John Peel Show」のためのMaida Valeでのスタジオ・ライヴとレディオ・セッションから収録。  
10 LV Live In Belfast Scopitones 通信販売とライヴ会場限定のライヴCDシリーズ2作目。後にそのまま新生TWPとなるメンバー4人になって初のライヴとなった2002年9月The Empireでのライヴを収録。CINERAMAがステージで演奏したTWPナンバーがここで初音源化。  
10 SG Don't Touch That Dial Scopitones TWP1994年作『Watusi』を手がけたSteve Fiskとほぼ10年ぶりに手を組んだ傑作シングル。後に新生TWPの『TAKE FOUNTAIN』に再録音テイクで収録される。  
20044 DVD Get Up and Go Scopitones CINERAMA初のDVDソフトは2002年『Torino』発売記念のU.K.ツアーを追いかけたドキュメンタリー。  
6 SG It's Not You, It's Me GoMetric! Records 2002年9月の北米ツアー中に収録されていたお蔵入り音源が7インチ盤のみでリリース。米シアトルの新興レーベルGoMetric! Recordsからの発売。 1,500枚限定7インチ
20078 BBC The Complete Peel Sessions Sanctuary CINERAMAデビュー時からの全6回のピール・セッションとライヴ音源からセレクトされた3枚組ボックス。後の新生TWP名義で発表される当時の新曲群が初披露された2002年以降のセッションが初CD化。  
8 BBC John Peel Sessions : Season 3 Sanctuary 上記ボックスのDISC 3のみの別売。  
20101 LV Live In New York Scopitones CINERAMAライヴ・アルバム・シリーズ第3弾はダウンロード限定販売作品としてリリース。Steve Fiskがミックスを手がけ、後期CINERAMAのステージの魅力を余す事無く捉える事に成功している。  
201310 SG I Wake Up Screaming Artificial Head Records Cinerama名義では実に9年4ヶ月ぶりとなる新曲シングルは、TWPの2010年のツアーで披露され、スタジオ録音版では未発表だった名曲。実質的にはTWP2012年作『Valentina』セッションからのアウトテイク。北米テキサスのインディーズからのリリース。 7インチ・ヴァイナル盤は500枚限定
20149 CP Seven Wonders of the World Scopitones CineramaからTWPへの改名10周年というタイミングでついにリリースされたシングルズ・コンピレーション第3弾。未CD化曲を含む6枚のEPがあるバムにまとめられた。2枚組CDとヴァイナル盤で発売。  
20155 AL Valentina Scopitones Cinerama名義での新録スタジオ・アルバムとしては、実に13年ぶりとなる作品。TWP2012年作『Valentina』全編を大胆に再アレンジ、ヴォーカルも再録音した作品。  
11 LV LIVE 2015 Scopitones CINERAMA版『Valentina』発売に合わせて行なわれたライヴ・ツアーから、2015年6月6日に行なわれた英ロンドン公演をほぼ全編収録したCDと映像版DVDをセットにした作品。ある意味、CINERAMAとしての歴史を総ざらいした傑作ライヴ。  
THE WEDDING PRESENT (II) [2004〜]   さらに詳しいディスコグラフィーはこちら
発売年 種類 タイトル レーベル 説明 備考
200411 SG Interstate 5 Scopitones 2004年9月3日にCINERAMA後期4人のメンバー(David Gedge、Simon Cleave、Terry de Castro、Kari Paavola)そのままでTHE WEDDING PRESENTとして活動していく事を発表。このバンド名義では約7年10ヶ月ぶりとなるシングル。後期CINERAMAのツアーでも頻繁に演奏されていたナンバー。  
20051 SG I'm From Further North Than You Scopitones 新生TWP第2弾シングルで8年ぶりのTOP 40入りを果たす。CINERAMA時代のライヴやレディオ・セッションでおなじみだった名曲"Edinburgh"の改題。  
2 AL Take Fountain Scopitones Scopitonesレーベルの20作目、そしてDavid GedgeにとってはTWPでの結成/デビュー20周年という大きな節目に発表されたアルバム。CINERAMAの"Don't Touch That Dial"から引き続きSteve Fiskの協力も得て米シアトルで制作。そのSteve Fiskと共に10年前に制作し、David Gedgeにとっての大きなターニング・ポイントとなった『Watusi』以降の全作品での成果と経験を集約。現在進行形のバンドとしてのサウンドに昇華させた破格の傑作。  
10 SG Ringway to Seatac Scopitones 2005年秋のツアーに合わせて発売されたシングル。アルバム『Take Fountain』からのシングル・カット。  
20065 CP&DVD Search For Paradise : Singles 2004-5 Scopitones Take Fountain』からの全シングルと新録のアコースティック・ヴァージョンを収録した新生TWP初のコンピレーション。全PVを収録したDVDが付いた2枚組。  
20073 BBC The Complete Peel Sessions 1986-2004 [Disc 3] Sanctuary Records 過去21年間に行われたBBC Radio 1のプログラム「John Peel Show」のためのレディオ・セッション、通称John Peel Sessionと同番組で中継されたライヴ音源を集めた6枚組のボックス・セットの一部として、新生TWP始動後唯一の2004年のセッションが初CD化。  
12 LV Shepherd's Bush Welcomes The Wedding Present Secret Records 2005年秋のツアーから、11月20日ロンドンShepherd's Bush Empireでのライヴを収録したアルバム。2008年1月一般発売。ほぼ同内容のDVD版『AN EVENING WITH THE WEDDING PRESENT』も2008年2月リリース。  
20082 DVD An Evening With The Wedding Present Secret Records Shepherd's Bush Welcomes The Wedding Present』の映像版となるDVDソフト。CDではオミットされた楽曲も含む完全版。TWP名義では初のライヴDVDソフトとなる。なお、リージョンはフリーだが、カラー方式は英国/欧州向けのPAL方式。  
5 SG The Thing I Like Best About Him is His Girlfriend Vibrant 『El Rey』からの先行シングル。TWP史上初のダウンロード限定販売のデジタル・シングルで、日本からはiTunes Storeなどで購入可能。表題曲のシングル・ヴァージョンを含む4つのヴァージョン違いで構成。  
5 AL El Rey Vibrant
Scopitones
TAKE FOUNTAIN』以来約3年3ヶ月ぶり、TWP名義では通算8作目のスタジオ・アルバム。スティーヴ・アルビニが録音を手がけたアルバムとしてはデイヴィッド・ゲッジにとってはCINERAMA名義の『Torino』以来約6年ぶりとなる4枚目、TWP名義のアルバムという意味では1991年の歴史的傑作『Seamonsters』以来およそ17年ぶりになる。  
10 CP How The West Was Won Vibrant Search For Paradise』以来となるシングルズ・コンピレーションは『El Rey』のレコーディング・セッションで録られた未発表曲、iTunes限定配信だったカヴァー曲を含むEP4枚組のボックス・セット。 1,000セット限定生産(一般流通分は500セット)
12 SG Holly Jolly Hollywood Vibrant How The West Was Won 』で発表されたクリスマス・ソングがダウンロード販売限定のEPとしてリリース。Kleeによる未CD化のリミックス・ヴァージョンもリリースされた。  
20101 LV Live in Leeds Scopitones ダウンロード販売限定でリリースされた新生TWP2作目のライヴ作品。2006年6月、デイヴィッド・ゲッジの故郷でありTWP結成の地でもある英リーズで収録。  
9 LV Bizarro : Live In Tokyo, 2010[download album] &Records 『Bizarro』発売21周年記念ツアーからの初音源、しかも日本で行われた本ツアー唯一の公演での録音。2010年5月7日渋谷「O-West」でのライヴから、後半の『Bizarro』全曲再現パートのみを収録。iTunes Storeダウンロード限定販売作品。  
20112 LV Bizarro : Live In Tokyo, 2010 [2CD complete edition] &Records 2010年5月7日渋谷「O-West」でのライヴを曲間MCを含めほぼ全編収録した日本独占リリースの完全版2枚組CD。  
7 DVD Drive Thirdhand Films Take Fountain』発売に併せて2005年の4月から5月にかけて行われたTWP再生後初の北米ツアーを追ったライヴ・ドキュメンタリー。  
20121 SG You Jane Scopitones アルバム『Valentina』からの先行シングル。ダウンロード限定販売。  
3 AL Valentina Scopitones 『El Rey』から3年10か月ぶりとなる通算9作目(フル・アルバムとしては通算8作目)のスタジオ・アルバム。 日本盤独占ボーナストラック2曲入り
4 SG 4 Chansons EP Scopitones アルバム『Valentina』収録曲を中心にフランス語詞で歌った別テイクを収録した10インチ・ヴァイナル盤。Record Store Dayの出品用に販売。  
10 SG 4 Songs EP Scopitones アルバム『Valentina』のドキュメンタリー・ブックのボーナス・ダウンロードEP。アルバム未収録曲4曲を収録。  
20132 SG 2 Chansons This Will Be Our Summer ツアー会場で先行販売、ならびにRecord Store Day限定販売7インチ・ヴァイナル。"4 Chansons EP"収録のフランス語詞別テイクのうち2曲を収録。 500枚限定生産
4 SG 4 Lieder EP Scopitones Record Store Day限定販売10インチ・クリアー・ヴァイナル。『Valentina』収録曲4曲をドイツ語詞で歌った別テイクを収録。 1,000枚限定生産
10 SG Two Bridges Scopitones 英ツアー会場限定販売となる7インチ・ヴァイナル盤シングル。  
10 LV Plugged In Secret Records 2008年リリースのライヴCDとDVDをカップリングした再発盤。『Take Fountain』ツアーから2005年11月英ロンドン公演を収録。  
20144 SG EP 4 CÂN Scopitones Record Store Day限定販売クリアー10インチ・ヴァイナル。『Valentina』収録曲4曲を今度はウェールズ語詞で歌った別テイクを収録。 1,000枚限定生産
11 SG Black Friday RSD 2014 This Will Be Our Summer Record Store Dayの派生企画で発売されたドイツ語詞版7インチ。"4 Lieder EP"から3曲収録。 500枚限定生産
20154 SG Meet Cute [Welsh Version] This Will Be Our Summer 2015年のRecord Store Day限定販売7インチ盤。"EP 4 CÂN"から2曲収録。 300枚限定生産
20167 SG Bear Scopitones 通算10作目のスタジオ・アルバム『Going, Going...』からの先行シングル。ダウンロード版限定。  
9 AL Going, Going... Scopitones 2012年作『Valentina』から4年6ヶ月ぶりとなる通算10作目のスタジオ・アルバム。インストゥルメンタル主体の5曲を含む全20曲78分もの大作。本編に呼応する20編のショート・フィルムを収録したDVDとの2枚組となるロード・ムーヴィー的コンセプト作品にして、David Gedge31年間の音楽的キャリアを集約した現時点での最高傑作と呼びたい1作。  
12 BBC Marc Riley Sessions Volume 1 Hatch Records これまでCINERAMAを含め9回の出演を果たしているBBC 6 MusicのMarc Rileyの番組での2007、2008、2010年の3回分のセッションをまとめたコンピレーション。  
20174 SG The Home Internationals EP Scopitones 通算10作目のスタジオ・アルバム『Going, Going...』収録の名インスト"Wales"を主体とした、初の全曲インストゥルメンタルのEP。  
7 LV Live 2007 Scopitones オリジナル作発売20周年を記念した2007年の『George Best』全曲再現ツアーからの初音源。同内容のDVDも付属した2枚組  
9 AL George Best 30 Scopitones 2008年作『El Rey』録音時にSteve Albiniの元全曲一発録音に近い形で全編再録音した音源を、Andrew Schepsがミックスダウンした作品。  
10 BBC Marc Riley Sessions Volume 2 Hatch Records すっかりおなじみとなったBBC 6 MusicのMarc Rileyのプログラムでのセッション音源を集めたコンピレーションの第2弾。  
※種類記号の見方
SG=シングル/EP  AL=スタジオ・アルバム  CP=コンピレーション
BBC=BBCセッション  LV=ライヴ・アルバム  V=ヴィデオ・ソフト  DVD=DVDソフト
△TOP


TWP-CINERAMA[dbjp] is not responsible for the content of external sites.
© TWP-CINERAMA[dbjp] All rights reserved by Yoshiaki Nonaka except where noted.

Conceived & Conpiled with love by YOSHI@TWP-CINERAMA
First published on the internet in February 1998